70

 

痛かったことは確かに覚えてるけど、痛がり続けることは難しいものだし。

あんな薄い痕はすぐ消えてなくなってしまって 寂しく思うのは精神的にも物理的にもわたしだけなんだなって思い知らされてる。

こじつけだったとしても、いつもいつもいつもいつもいつもタイミングがよくて本当に嫌になるし 離れられる気配はまるでなくて やっぱりわたしだけが苦しいんだなあ。

 

もはや結びつけるためだけに他者と関わってるのかもしれない

救いを求めるためだけに傷つきにいってるのかもしれない

ものすごく愚かで憐れだ

きっとこのこと知ったら少し喜ぶんだろうなって頭の片隅で辿り着くけどそんなおめでたい脳してるわけでもないから やっぱりとおくのとおくから眺めて終わる

 

液晶越しでもまだ あんまり直視したくなくて重症だなあ

68

 

体言止めだなんてひとことで同じにしないで

 

頭の中のことは保存できないからいつから最初から先日から薄いのかわからなくて透けるものもないのに濃淡なんてないのに曖昧すぎるなって笑えてくる

それでもまだ間接的でも繋がってる つくづく悲しい考え方しかできない それでも誰にも言えない繋がり方でやっと息をやめないでいる

いつまで素直になれないのか こんなださいわたしは肯定されてはいけないのに あまのじゃくは嘘ばっかり 嘘でもないけど 疲れた

67

 

今日の眠れない理由はドロドロ

普段の深度はどうであれ、たまに浮上するドロドロは、抽象的な目に見えないもののはずなのに、胃痛とか、めまいになって、感覚としては具体的に、物凄い勢いで、襲ってくる!

これは悲しいとか苦しいとかそんなものに近いようで全く別の知らない何かであり、日本語なんかに当てはめられないわたしだけのドロドロであり、だからこそ向き合えるような向き合えないような…

あぁわたしはもう、何をやっているんだろうね

自己肯定感が決まったラインを下回ったら心臓が止まるように進化すれば人類はすごく良くなると思うよ

少なくともわたしの心臓は今すぐ止まるね

66

 

空腹への耐性で家庭の幸福度がうかがえる

アンパンマンのチョコはばいきんまんを買いたい

コンタクトレンズを終日着用

怒られるようなことしたいのにな

目に見えて心配される要素というものは新作のバッグと同じで会話の欠片として無理矢理ひきずりこまれる なんの思い入れもなく大切にもされなくたって側に居続けることはあるんだぜ

64

 

あの頃のこととか 感じたことは、当時のわたしのもので 今のわたしが感じてる別のことはあの頃のわたしのものじゃない

 

記憶は返還されがちだけど 事実は変わらなくて 

だから 本当の事と あの頃のことと今のこと

嫌だったこととか幸せだったことも全部 当時のわたしのものだから 

今のわたしには手に入れられないものばっかりで

なんだか苦しくなる

 

誰にもわからないようにしか書けないようなことはなるべくない方がいいね

 

きっともう頭の片隅にも居ないし流れ着くこともないってわかってるのに確証を得てない甘えに逃げて また少しだけ生き長らえてる

あのクリアな視界が思い出せなくなって、情景が言葉でしか浮かばなくなって、それでもまだ観る勇気はない

 

泣いてばっかり寝てばっかりは継続してます